低下した視力を回復させたい手術をしないで自然に視力を回復させたいならご覧ください。

目と頭痛の関係

トップページ

目と頭痛

目と頭痛の関係って?

頭痛のときって、目の奥がガンガンするような感覚に襲われることがありますよね。目と頭痛の関係はどうなっているのでしょう?


  • 緊張性頭痛

緊張性頭痛は首や肩の筋肉の緊張が引き起こすものですが、眼精疲労も原因の一つとされています。目の周りの筋肉の緊張が血流を悪くし、頭痛の痛みを増長します。じわじわとくる痛みが目と頭にきているようなら、まずは目や肩、首筋をマッサージしたり温めたりして血行を促しましょう。


  • 片頭痛

前兆現象として目と頭痛が関係してくることもあります。片頭痛は目そのものの痛みはそれほどありませんが、閃輝暗点(せんきあんてん)という視覚現象が頭痛の予兆として起こる場合があるのです。閃輝暗点とは、チカチカと残像のような点が円状になって視覚に入り込んでくる現象のことです。この現象は脳の視覚野という部分の血管が収縮することで起こります。片頭痛の原因も、頭部の血管の収縮→拡張というプロセスをとりますから、このような現象が起こるのですね。


  • 群発頭痛

群発頭痛は慢性頭痛の中でも特にすさまじい痛みをもたらします。「目の奥をえぐるような」などと表現されますね。三叉神経の異常から、目の後ろを通る血管の炎症が引き起こされているので、頭痛のほかに目の充血や涙、鼻水、鼻づまりなどの症状も出ます。そのため眼科や耳鼻科げ行く人もいるようですが、激しい頭痛のある時は外科や神経内科へ行く方が良いでしょう。以上はすべて慢性頭痛の一種です。このように、目と頭痛の関係は切っても切り離せないものなのです。



























a:1497 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析